TFCC損傷

  • 手首の小指側の痛みがある
  • 手首を回すと痛い
  • テニスやゴルフなどのラケットスポーツをやると手首が痛んで辛い
  • 転んで手をついてから痛みが無くならない
  • 手首の外側の骨が出っ張ってきている

TFCC損傷はなぜ起こるのでしょうか? 岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

TFCC損傷は主にテニスやゴルフなどのラケットスポーツをされている方にとても多いですが、家事などで手首を酷使する事が多い方にも多いです。

なぜ手首を痛めてしまうのかと言うと、正しい手首の使い方をしていなかったり、転んで手をついたなどの急な外力によって痛むことがあり、なかなか手首の痛みが取れてこないのもTFCCの疑いがあります。

手首は日常的に使わない日がないほど酷使されている部分です。ですから正しい使い方をしていないと知らず知らずのうちに手首や腕に負担がかかってしまい筋肉が緊張してしまいます。

手首の小指側には腕の骨と手の骨で直接くっついているわけではなく隙間があります。その隙間に筋肉や靭帯、軟骨があり、使いすぎや外力によって筋肉が硬くなってしまうと、手首のバランスが悪くなってしまい、隙間にある靭帯や軟骨がすれて炎症を起こして痛みが出てしまいます。

安静にしていても筋肉は柔らかくなっていくことは少ないので、早めに見せにきていただくことをお勧めします。

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院のTFCC損傷の治療法は?

先ずは、しっかりと問診をさせていただき、どこの筋肉が硬くなっているのかなどをしっかり見極めていき、患者さんに一番合った治療プランをお伝えします。

その際にハイボルテージ特殊電気治療や鍼治療など、必要に応じてテーピングを巻いたりしていきます。

痛みが落ち着いてきたら、次は痛みが出づらい身体作りを目指してストレッチやセルフマッサージなどご自宅で出来るものもご提案させていただきます。