産後骨盤矯正

  • 妊娠中も産後も足の付け根が痛い
  • 出産後の開いた骨盤が戻らない
  • 出産後の体重がなかなか落ちない
  • 出産後の疲労が溜まりやすくなった。足がむくむようになった
  • 出産後ポッコリお腹とお尻が垂れ大きくなり悩んでいる

産後骨盤矯正はなぜ重要なのか?

出産時に赤ちゃんが通る産道を広げたために出産後は必ず骨盤が開くようになります。産後の骨盤は、骨盤の関節(仙腸関節)や恥骨の間が広がってしまっています。

その骨盤の開きはある程度までは自然の力で元に戻りますが、出産前と全く同じ状態には戻りにくく、腰痛やお尻が大きくなってしまうことも体験されている方が多くいらっしゃいます。

産後の骨盤をしっかりケアしないと、骨盤がゆがんでしまい、首・肩こり・腰痛、むくみ、冷え性などの様々な不調が出てきてしまいます。

また、骨盤が広がっている状態だと、代謝が悪くなり、出産後に太ってしまったり、O脚になってしまったりと、体型が崩れる原因ともなります

 

こういった、出産後の腰痛やむくみなどの体の不調で悩まないためにも、早めの骨盤矯正が大切です。

産後骨盤矯正を始めるタイミングは?

産後骨盤矯正は下記のタイミングで始めることが望ましいです。

自然分娩=産後1ヶ月程度

帝王切開=産後2ヶ月程度

出産直後に強い衝撃や強いマッサージなどを加えるのは望ましくないため、自然分娩の方は1か月後から、帝王切開の方は2か月後から骨盤矯正を開始していく事が適切なタイミングです。適切な時期に産後骨盤矯正を開始することで、より施術の効果も高まります。10ヵ月までに行うのが最も大切な時期とされていますが、産後5年以内の方でも対応いたします。

産後骨盤矯正の来院の目安は?

出産後の骨盤矯正は、1回で正しい状態に戻るわけではありません。

患者様の骨盤の状態によって治療回数は変化しますが、当院では、産後骨盤矯正を6回の治療プログラムで基本的に1週間ごとに受けていただきます。

(症状によって治療回数と治療のペースは異なるため一度初診時に施術・評価をして御提案させてください。)

きちんと定期的に骨盤を整えることで、その効果が持続しやすくなります。

一般的に、出産後の体は、骨盤だけでなく、筋肉も傷んで固くなっています。

そのため出産後に骨盤を矯正しても、固くなった筋肉が骨盤を元の状態に戻そうと引っ張るため、時間が経つとまた骨盤は元のゆがんだ状態に戻ってしまいます。

筋肉に骨盤の正しい状態を記憶させるためにも最初の間は、しっかりと継続して骨盤を調整していくことが大切です。

 

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院は、お子様連れのお母さんを歓迎しております。小さなお子様から目を離すことができないお母さんのために、産後の骨盤矯正は予約を取ることができ、比較的空いている平日(月~金)午前の時間帯をおすすめしておりますので、ご予約の上、ご来院ください

もちろん、それ以外の時間帯のご案内も可能ですので、その場合はお気軽にお問合せください。