寝違え

  • 寝違いで首が回らない
  • 寝違いを何度もしてしまう・・・
  • 横を向くと首に違和感がある。
  • 夜間痛がひどくて眠れない
  • 寝違えてしまい首、背中のハリが強い

寝違えはなぜ起こるのでしょうか?

寝違いは首の周囲の筋肉が継続的に刺激を受けて炎症を起こした状態だといわれています。また最近の説では横向きで寝たために脇の下の神経が圧迫されて起こるともいわれています。どちらも正解だと思います。普段私たちは寝ている間も同じ姿勢だとつらくなってくるので何度か寝返りを打っています。しかし時には疲れすぎていたり、酔って寝てしまい寝返りできないこともあり、そのような時に首や脇が刺激されて寝違いが起こってしまうようです。

遠征先・出張先で高さの合わない枕で寝ていてた時に寝違えが起きたり、、テストや発表などで緊張した状態から解放された時に起こる寝違えもあります。

寝違えが治らない・悪化する理由

首の周りの様々な筋肉が過度の緊張、炎症が起こることで寝違いが起こっているので、自己判断で改善しようとすると悪化したり、寝違いが長引く結果になります。

寝違いといっても症状の原因はさまざまです。首に炎症を起こしている場合もありますので、無理に引っ張ったり、痛いのを我慢して無理やりほぐしたりしないよう気を付けてください。

岐阜市 たかはし鍼灸接骨院の寝違えの痛みに対する治療法は?

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院の寝違いの治療は寝違いの原因から根本的に治していきます。症状によって様々ですが、炎症がひどいときはハイボルテージ特殊電気治療器の中の3DMENSという痛みを感じない立体微弱電流を流すと効果的に最短で改善いたします。

そこで寝違いによる痛みが治まってきたところで骨盤から歪みを整え筋肉のバランスを矯正していく事で痛みのない、痛みが出ない身体にしていきます。