むち打ち症

  • 交通事故をする前は全く首が痛くなかったのに事故に遭ってから首が痛くて仕方ない
  • 整形外科ではレントゲンで異常なしと言われたが首の症状が変わらない
  • 朝方の痛みや1日仕事をしていると首や肩がだるくて、ひどいと頭痛がする
  • 雨が降る前や寒い所へ行くと症状がひどくなりじっとしていれない
  • 集中力がかけたり長時間の同じ姿勢をしているとイライラしてくる

むち打ち症はなぜ起こるのでしょうか?

むち打ち症とは、交通事故などで首に不自然な力が加わって首が「むち(鞭)」のようにしなる事が原因で起こります。

「首が痛い」「首が回らない」といった症状を発するケガの1つです。

交通事故だけではなく、ラグビーやサッカーなどコンタクトスポーツの接触事故などの衝撃でなる時もあります。

人の頭の重さはどれくらいの重さがあるか知っていますか?

人間の頭部は体重の約10%程度あると言われています。体重50キロの人でも約5キロあるんです。500㎖のペットボトルの水10本分を常に頸で支えているわけです。

交通事故で追突する、追突されるときは胴体はシートベルトで固定されています。

足はブレーキを踏んだり、手はハンドルを強く掴んでいると思います。この時に頚部と頭部は固定されていないので衝突時に前方に大きく振られてしなります。そしてその反動で今度は後ろに反りかえり鞭を打つように首にすごい負担がかかってしまうのです。

これをイメージするだけでもかなりの衝撃が首に背中にかかっているという事です。

ですからむち打ち症ではレントゲンなどでは首の骨に異常はないという診断がでても体の筋肉や関節、靭帯などにはかなりの負担がかかっているのです。

岐阜市 たかはし鍼灸接骨院のむちうち症に対する治療法は?

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院では開業以来、鞭打ち・交通事故からくる様々な症状の臨床を重ね、事故治療を専門に行っています。

事故の状況やケガの症状その後の経過などを詳しく確認させていただいた上で、お一人お一人の症状に合わせた治療を行います。

事故の状況や外力が加わった方法など個人よって症状は様々です。そこはきちんとカウンセリング、問診、評価をさせていただきそれに対してアプローチをしていきます。

また交通事故障害は、これまでの臨床の結果、交通事故の強い衝撃によって全身の筋肉のバランスが崩れる場合が99%といえます。

 

岐阜のたかはし鍼灸整骨院では、全身の筋肉のバランス調整を得意としています。
交通事故の後遺症は臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から二次障害を起こすことがありますので早期の治療と完治するまで治療することをオススメします。