2月25日は東京マラソンですよ!!!

2018年02月20日

2月も下旬になりましたm(_ _)m

 

まだまだ朝晩は寒く、先週末は岐阜市則武でもまだ雪がちらつきましたね

 

昨日の診療では午前・午後ともにマラソンを走る患者さんの治療が多かったです

 

日曜日に京都マラソンを走られた皆さん、お疲れ様でした(^◇^)

 

今度は311日(日)ウィメンズマラソンがありますね

 

でもその前に、、、

 

きたる2月25日(日)には東京マラソンがありますよ\(^o^)/

 

今回たかはし鍼灸接骨院では筒井、松浦、森3名がボランティアで参加します

 

私は28キロ救護所、花王本社ビル横にいます

 

何事もないのが一番良いのですが、、、

 

もしもピンチの時には立ち寄ってくださいね

 

 

 

ところで

 

マラソンに出るランナーのみなさん

 

マラソンってどんなケガが多いか知っていますか?

 

一般的には

 

外科的疾患では筋肉痛、関節痛、下肢のケイレン、マメ、靴づれetc

内科的疾患では疲労、低体温、脱水、熱中症、過呼吸etc

 

特に低体温、脱水、熱中症は当日の気温、湿度、つまり天候によるんですよ

 

当日の東京の天候は知っていますか?

 

気温、天候は確実に確認しておいてくださいね

 

去年のボランンティアで参加してきた神戸マラソンは11月19日にありましたが

 

最低気温が5.6度、最高12.4度、平均湿度57%でした

 

平年の12月下旬の気温だったそうです

 

熱中症は少なかった分、低体温症が多かったです(´Д` )

 

ちなみに、前大会は最高気温が21.8度でした

 

 

たくさんのケガの中から

今回はスポーツ中のケイレン(つる)について考えようと思います

 

 

どうしてケイレン(つる)するのか?

 

 

大まかに以下の理由があります

(1)筋肉疲労

(2)冷え

(3)ミネラルの不足

(4)水分不足

 

 

(1)筋肉疲労

「日ごろは運動不足なのに突然に運動を始めた」「長時間の運動をした」などの場合、

筋肉を動かすために必要なエネルギーが補給できていない、または、筋肉の伸縮をコントロールする機能が過剰に反応することがあります

これが筋肉の収縮やけいれんを引き起こします

マラソンボランティアあるあるですが

救護所に来るランナーさんで

練習を全くせずにノリでマラソンに出場する方や

夜勤明けで参加するツワモノランナーもいました(ー ー;)

無理は禁物ですよ

 

 

(2)冷え

冷えると血管が収縮して、血流が悪くなります

すると、筋肉の血液量が減って栄養素やエネルギーが不足するうえに、熱を作り出そうと筋肉が収縮するため、足がつりやすくなります

普段の練習ウェアや大会に着用するユニホームは、大会当日の気温・天候と適していますか?

救護所には毛布やアルミシート、ほっとドリンクがありますが数に限りがあります(´Д` )

 

 

(3)ミネラルの不足

ミネラルとは五大栄養素の一つで、カルシウム、ナトリウム、カリウムなどがあり、筋肉の動きや神経の伝達を調整しています

 

体内では作ることができないため、食べ物からとる必要がありますが、これらが不足すると筋肉の伸縮に異常をきたすことがあります

給水所ではミネラルウォーターだけではなくスポーツドリンクも摂取してくださいね

 

実際に水しか飲まないランナーさんがいました

 

 

(4)水分不足

汗をかいたとき、水分を飲めなかったとき、下痢をしているときなどで水分が不足すると

 

栄養素、酸素、老廃物などの供給や排出が滞り、筋肉が過度に緊張しやすくなります

 

寒くて汗をかいてなくても呼吸から水分は失われています

 

(3)(4)の具体的な水分補給量としては、「水分補給」で検索してもらうと沢山ウェブでアドバイスが出てきます

 

ここでは客観的な数値をよりどころにするよりも、「喉の渇き」に応じてドリンクを飲む方法が推奨します

 

 

 

では

 

レース中に

 

実際に

 

ケイレンしたらどうするか、、、

 

 

(1)つった筋をじわっと圧迫+軽めに長くストレッチ

(2)拮抗筋をゆるめる

(3)次の給水ポイントで水分補給をする

(4)救護所に立ち寄る

 

 

(1)つった筋をじわっと圧迫+軽めに長くストレッチ

ケイレンしている筋肉は神経系の異常興奮状態になっています

 

ケイレンしている筋肉を持続圧で押しながら

 

ゆっくりとストレッチをしてケイレンが収まるのを待ってください

 

 

(2)拮抗筋をゆるめる

拮抗筋(太ももの前なら太ももの後ろ)をほぐすことにより

 

ケイレンしている筋肉を止めることができます

 

 

(3)次の給水ポイントで水分補給をする

(4)救護所に立ち寄る

 

自分で水分を経口摂取できるかどうか、、、

 

複数箇所同時のケイレンが起きているかどうか、、、

 

当てはまるランナーさんは

 

必ず救護所に立ち寄ってください

 

 

残念ですが救護所には

コールドスプレー

点滴、注射等の外科的行為はできません

 

 

 

水分が自分で摂取できない

時間が経ってもケイレンが止まらないランナーさんは

病院への搬送を考えることも(T_T)

 

あります

 

 

ぜひ

 

 

万全の体調でレースを迎えましょう\(^o^)/

 

東京マラソンに参加するランナーさんは

 

ぜひ救護所で私達に会わないように走りきってくださいね

 

 

 

 

……………………………………………………………………………………

岐阜市則武にある口コミ1位の『たかはし鍼灸接骨院』

たかはし鍼灸接骨院のスタッフブログはこちら!!!

たかはし鍼灸接骨院の症状別メニューはこちら!!!

【TEL】058-232-3434

【受付時間】

月曜~金曜 (午前) 8:30 ~ 12:00 (午後)16:00 ~ 20:00

土曜 (午前のみ)8:30 ~ 13:00

※平日の午前中は予約優先制

※土曜午後・日曜日・祝日は休診