専門家が教えるランニングシューズを選ぶ時の4つのポイント(その4)【岐阜市たかはし鍼灸接骨院】

2017年11月16日

皆様こんにちは^^

岐阜市 則武中にある

たかはし鍼灸接骨院です!

 

北海道札幌市から来た品田がお送りします。

 

 

今回は靴・シューズ選びシリーズ第4弾ッ!!

 

 

前回の復習

  • 足の指のところで曲がること
  • 靴の裏のところにシャンクがある

でしたね(^_^)

 

さて、今回は

サイズが合っていること

 

をお伝えします^^

 

 

皆さんは

 

  • 自分の靴のサイズを知っていますか?
  • 今履いているのサイズはあってますか? 
  • 靴の捨て寸って知っていますか?

 

 

1つわかるよーって方も全部わからないよーって方もいると思います。

そんな方達のために

たかはし鍼灸接骨院では皆さんに

 

 

足の長さ

 

 

 

 

 

 

 

 

横幅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の甲の周径

 

 

 

 

 

 

 

 

を測定しています♪

 

 

なんと!何千人と測定してきましたが、

皆さん実際のサイズより靴の方が大きい靴を選ばれている方がほとんどです。

 

 

実際足を測定して中敷を外して足と合わせてみたら

3㎝もサイズが大きい方、 

靴が小さすぎて足が中敷からはみ出してしまっている方

などいらっしゃいます。

 

これはいけませんね〜( ˙-˙ )

 

 

これを靴の捨て寸と言います。
ほとんどシューズは大体0.5㎝~1㎝大きく作ってあります。

ご存知でしたか?

 

 

例えば、足のサイズが26.5㎝で26.5㎝の靴を履いている高橋洋介さんがいるとします。

実際に中敷を取り出して測ってみると27.5cmぐらいあります捨て寸が1センチあります。

 

ということは???

 

 

26.0㎝の足のサイズの人が27.0㎝の靴を履いていたとすると

実際1.5cmから2センチ大きな靴を履いているという事になります。

 

よね?笑

 

 

この捨て寸はシューズメーカーによっても違いますし、

同じシューズメーカーでも型が違うと変わってくるので

一番いいのは中敷を取り出して踵を合わせて立って

指1本分のゆとりで探してみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをやっていると、スポーツ店の店員さんの食いつきも良くなると思います。笑

 

 

 

また靴の横の幅(ウィズ)においても

近年標準サイズ(2E)

スリムタイプ(D)

ワイドサイズ(3E)

スーパーワイド(4E)

 

といったようにたくさん選べるようになってきました。

 

このポイントだけでもたくさんあるんですね〜。

 

 

実際に大きいウィズサイズ(横幅)を選ばれると

左右の靴の紐を締めるところがくっついてしまい、

これ以上結ぶことができない状態になっていることが多くみられます。

 

 

 

また足の甲の部分に大きいためシワがたまってしまいます。
イコール靴を買う時にココにシワがあればその靴はウィズサイズ(横幅)が大きいという事になります。

 

 

 

このように靴の機能を知ってしっかりした履き方ひもの締め方をさせると

パフォーマンスが変わりますし足の痛みや

そのほかの場所の痛みを訴える事も少なくなってくると思います。

 

 

ランナーさん必見ですね!!

 

ランニングシューズとウォーキングシューズの選び方

を4回に分けてお送りしました!

 

 

足って本当に奥が深いんですね〜。

 

……………………………………………………………………………………

岐阜市則武にある口コミ1位の『たかはし鍼灸接骨院』

【TEL】058-232-3434

【受付時間】

 月曜〜金曜 (午前) 8:30 〜 12:00 (午後)16:00 〜 20:00

 土曜    (午前のみ)8:30 〜 13:00

 ※平日の午前中は予約優先制

 ※土曜午後・日曜日・祝日は休診

……………………………………………………………………………………