子供に多い腰痛・・・ 岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

2017年12月22日

こんにちは

2017年も残すところ

あと10日」となりました。

そして今日、22日は冬至ですね!!

 

冬至といえばかぼちゃ、ゆず風呂

と行事がたくさん。

 

 

 

 

 

ゆず風呂について調べてみたのですが、邪気を払ってくれたり、風邪をひかなくなったりすると言われているそうです。

ゆず風呂でなくてもお風呂には血行を促進して、体を温めるため筋肉もほぐれやすく腰痛の症状緩和にもなります。

 

 

さて今日は腰痛でも子どもに起こる腰痛についてご紹介します

 

子どもの腰痛でも特に成長期のスポーツ選手にみられるのが

「腰椎分離症」です。

よく分離症と略されて呼ばれることがあります。

 

 

ではまず簡単に腰椎分離症のスクリーニングしてみましょう。

 

① 10代の成長期で、スポーツを一生懸命やっていて

            急に腰が痛いと言い始めた。

 

② 運動中には腰が痛いけれど

          日常生活ではほとんど痛みが無い。

 

③ 普通に運動を続けることは可能でも

          体をそらしたりすると腰が痛い。

 

このうち1つでも当てはまる場合は

    「腰椎分離症」の可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰椎分離症は背骨の骨折です。ただ、こけた際に腕の骨などを折る骨折とは違い、繰り返しの力が加わっておこる骨折(疲労骨折)が分離症の原因といわれています。

 

この繰り返しの力というのは体を反らすことです。

 

え?そんなことで?と思いますよね。でも考えてみてください。

 

例えば野球でピッチングの際に体をぐっと反らしますよね?

サッカーで強いボールを蹴ろうとした時にも。

バレーでアタックの時にも。

水泳の息継ぎの時も。

 

そしてその動作は1日の練習中に何度繰り返すでしょう?

 

子供たちの骨は大人と違ってまだ成長段階です。

 

そんな不完全な骨に1日何十回も何百回も力が加わり

 

それが1週間に何日も練習があれば何千回になることもありますよね?

 

 

そして腰椎分離症の子の多くは体が硬いんです!

 

体が硬いことで負担が集中して骨折を起こしてしまうのが分離症の原因なんです!

 

 

ここまで読んでもしかしてうちの子も腰椎分離症なんじゃないかと心配になった方もみえますよね。

 

 

たかはし鍼灸接骨院では腰椎分離症に対してもどんな症状に関してもしっかりと問診をさせていただき、検査にて症状の原因を追究します。

 

もし腰椎分離症が疑われる場合には、いつもお世話になっている整形外科の専門医に検査を依頼しますので安心してください。

 

そして腰椎分離症と診断された場合には骨折を早く治す超音波治療器もたかはし鍼灸接骨院では完備しています。

 

また、早期復帰に向けた相談や腰椎分離症の再発予防も指導させていただきます。

 

 

 

とここまで腰椎分離症についてお話してきましたが、腰椎分離症に限らず、お子さんが腰痛を訴えるようでしたら是非一度、岐阜市のたかはし鍼灸接骨院へご相談ください。

 

 

……………………………………………………………………………………

岐阜市則武にある口コミ1位の『たかはし鍼灸接骨院』

【TEL】058-232-3434

【受付時間】

月曜~金曜 (午前)      8:30 ~ 12:00 (午後)16:00 ~ 20:00

土曜    (午前のみ)8:30 ~ 13:00

※平日の午前中は予約優先制

※土曜午後・日曜日・祝日は休診