〜魔女の一撃〜

2018年02月28日

皆さんこんにちは^^

 

 

岐阜市の則武にある、たかはし鍼灸接骨院の品田です。

 

 

オリンピック終わりましたね〜!

 

 

メダルが過去最多で凄かったですね^^
ですが、メダルを獲得できなかった選手に
もう少しスポットを当ててもらっても良いのにな〜と思います。

 

 

岐阜でも盛り上がっていたので、僕の地元の北海道では
大変な盛り上がりになっていたことでしょう!

今回は、ギックリ腰について話していきたいと思います。

 

 

急にくるアイツを英語圏ではギックリ腰の事を

 

魔女の一撃

 

と呼ばれています!

 

 

何となくロマンチックな感じがしますね。笑

 

 

さてさて、春が近づいてきて、気温の差が激しくなってきたせいか、
ギックリ腰の患者さんが増えてきています。

 

 

寒さで硬く強張ってしまったものが筋肉が、
気温が上がって硬いまま動いてしまい、

ビキッ!!と腰にきてしまいます。

 

なので、よくこんな話を聞きます。

「部屋の片づけをしていたら背骨がきやってなって動けなくなった」

 

 

「ダンボールや、買い物袋を持ち上げたら腰が急に痛くなった」

 

 

「ランニングをしようと靴紐を結ぶ姿勢をとったときに痛めた」

 

 

 

あ〜あるあると思った方が多いのではないでしょうか?

冒頭で話しましたが、寒い時期にはからだが硬くなってしまいます。

 

 

冷蔵庫にあるバターって硬いですよね?

冷蔵庫から出してそのままナイフを入れても固くて切りづらいですが、しばらく置いて常温に戻すと滑らかにナイフが入っていきます。

それと同じです^^

 

固まったまま荷物を持ち上げたりすると

動く用意ができていない身体は、

 

 

『ちょっと無理っすと悲鳴をあげます』

 

 

ほかっておくと、筋肉同士がくっついてしまい
ささっと動くことができなくなっています。

そうなると

 

『いや本当に無理っすと悲鳴をあげます』

 

 

そこから動いたりすると、普段よりも余分に力が入り、
筋肉に強い負荷がかかってしまいます。

そうなると

 

『マジ無理っすと悲鳴をあげます』

 

 

日常生活でも腰の筋肉は疲れてしまいやすい部分です。

 

 

疲労が溜まった状態からその様な負荷をうけることによって、
いわゆるぎっくり腰と呼ばれる症状が現れてしまうんです。

 

 

中には疲れるようなことをしていないのに
急に腰を痛めてしまう方もいらっしゃいます。

 

なんでかっていうと、骨盤の歪みがある状態だと、
日常生活をおくっているだけでも身体への負担があります。

 

例えば、骨盤の歪みによって、足の長さに差が出ます。

 

その状態で生活していると、どちらかの方に負荷が偏って溜まってしまい、限界を迎えると

 

 

 

『ドカーン!!!!』

 

 

と腰にきます。
本当です。

 

ギックリ腰が癖になっている方いませんか?

 

 

骨盤に歪みを直さない限り、
毎年恒例行事なってしまいますよ〜。

 

 

今年の出来は〜でお馴染みのボジョレー・ヌーボーみたいですね。

 

 

 

そのような症状でお困りの方に、
たかはし鍼灸接骨院では、根本からの改善を目指して治療しています。

 

 

骨盤から全身を整えていく

 

 

トータルバランス骨盤矯正をおこなっています。

事件は現場で起こっているんじゃあない。

 

『骨盤で起こっているんだ』

 

 

春は引っ越しなど、忙しくなるので、
その前に予防をしましょう^^

……………………………………………………………………………………
岐阜市則武にある口コミ1位の『たかはし鍼灸接骨院』
【TEL】058-232-3434
【受付時間】
 月曜~金曜 (午前) 8:30 ~ 12:00 (午後)16:00 ~ 20:00
 土曜    (午前のみ)8:30 ~ 13:00
 ※平日の午前中は予約優先制
 ※土曜午後・日曜日・祝日は休診