野球肘

  • 投げる瞬間に肘が痛くて力が入らない
  • 投球時に肘が以前より上げづらい
  • 投球数が増えると肘が痛くなる
  • 練習翌日に肘に強いハリ・痛みを感じる
  • 肘が伸び切らない・曲げきれない

野球肘はなぜ起こるのでしょうか?岐阜市の岐阜バランス整骨院

野球肘が起きる原因はたくさんありますが、一番代表的な原因は肘の外反角度の増大(前腕と身体の距離が離れる)によって発生しやすくなります。

肘関節周囲の筋力が低下すると一定の筋肉にだけ負担がかかり、肘の筋肉バランスが崩れてしまいます。
 肘のバランスが崩れた状態で投球を繰り返していると肘に繰り返しのストレスがかかり、野球肘が出現してきます。

岐阜市 岐阜バランス整骨院の野球肘に対する治療法は?

岐阜市の岐阜バランス整骨院・たかはし鍼灸接骨院では野球肘に関する評価として、肘内部のどこに異常があるかを「超音波観察機(エコー)」を使って評価をさせていただきます。

野球肘に対する治療としては、ハイボルテージ特殊電気治療を使って負担がかかりすぎて炎症の起きている筋肉・靱帯の炎症を抑えていきます。場合によっては投球制限のご提案をさせていただき、炎症をしっかりと抑えていきます。
 炎症が少なくなり痛みが落ち着いてきたら、肘関節周囲の筋力・可動域や肩関節・肩甲骨など、患部以外の状態もチェックしていきます。筋力の弱い部分や可動域の少ない部分に対してそれぞれエクササイズやストレッチを行っていきます。自宅でできる簡単なエクササイズ・セルフケアもお教えさせていただきます。

痛みが取れた後、完全に復帰するまでの投球距離・球数の制限をしていきながら徐々に復帰をしていきます。岐阜市の岐阜バランス整骨院、たかはし鍼灸接骨院で、是非完全復帰後も痛みが出ないようにしかりサポートさせてください!