足底筋膜炎

  • 朝一番歩き始めが痛い
  • マラソンが痛くて走れない
  • 足のアーチが下がり偏平足になっている
  • 足の裏と踵が痛い
  • 運動したいのに痛くてできない

足底筋膜炎はなぜ起こるのでしょうか?|岐阜市長良 岐阜バランス整骨院

足底筋膜炎は運動をしたことによる疲労や過剰な負荷が足の裏にかかったからなど原因はいくつか考えられますが、足底筋膜炎の発生するメカニズムとしては、足の裏の内側の縦アーチと外側の縦アーチが崩れてしまうことによって足底腱膜が過剰に伸びてしまったり、歩く・運動するたびに伸び縮みさせられたことによって、足底筋膜・腱膜・靭帯にキズが付くことで炎症を引き起こした結果痛みが出てくるとされています。炎症が持続的に発生すると筋膜腱膜は硬くなります。古くなり硬くなった輪ゴムをイメージしてください。伸び縮みがなくなり硬くなると、きれいに動かなくなったり、じっとした状態から急に動き始める際に負荷がかかり痛みが出るとされています。これが足底筋膜炎です。

 

岐阜市 たかはし鍼灸接骨院の足底筋膜炎に対する治療法は?

当院の足底筋膜炎の治療としては弾力がなく硬くなった足底筋膜にハイボルテージ特殊電気治療をかけていくことです。超音波振動や硬さを取る周波数帯の高電圧電気をかけることで足底筋膜、腱膜に潤いを与えスムーズな動きを付けていきます。

 

また骨盤や骨格を整えるトータルバランス骨盤矯正や足の裏のアーチや足のアライメントを整えていく骨格矯正を加えることで根本から痛みを取っていきます。

 

その他アーチを落とさないようにするためにインソールを作成したり、シューズのアドバイス、靴の紐の締め方のアドバイスもさせていただきます。