腱鞘炎(ドケルバン腱鞘炎)

  • 手首の親指側を押さえると痛い、腫れている
  • 親指を曲げ伸ばしすると痛い
  • 子供を抱っこすると痛い
  • 同じ箇所の痛みを繰り返している
  • 親指の痛みがなかなか引かない

腱鞘炎はなぜ起こるのでしょうか? 岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

腱鞘炎とは、筋肉の腱の周りにある滑膜性腱鞘という膜が炎症を起こし、痛みと腫れ、熱感、機能障害を生じる病態の事です。

主に手指や手首の関節を繰り返し、継続的に動かす事によって起こり、指を主に使う職業に携わる方や、手を使う頻度が高い中年以降の女性、主婦、あるいは妊娠後期・出産直後の女性に多く発症します。

親指を伸ばしてくると手首の親指側に2本の筋肉の腱を触れることができます。

その腱を使いすぎて痛みがでる病態を、ドケルバン病といいます。 腱鞘炎の特徴としては握手する形で手首を手前に曲げる時に痛みが走ります。

これはドケルバン病でよくみられる症状の一つです。

アイヒホッフテストというもので、痛い方の手をグーにする時、親指を指の中に入れます。そのまま手首を小指側に倒して痛みがでたら陽性となります。

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院の腱鞘炎の痛みの治療法は?

岐阜市則武のたかはし鍼灸接骨院では、このような腱鞘炎に対して超音波やハイボルテージという特殊な電気を使い、腱の滑りを良くしたり、炎症を引かす事で腫れを軽減させていきます。

また、日常で不便にならない程度に安静を保てるように、その人の手に合ったオーダメイドの装具も作成しています。

手は普段からよく使う場所なので痛みが長引きやすい場所ですが、このような治療をしていく事で少しでも早く改善させることができます。