腱板損傷

  • 腕をあげる瞬間に痛くて力が入らない
  • 野球の投球時に腕が以前より上げづらい
  • ボールの投球数が増えると痛くなる
  • 野球の投球練習直後に肩の奥の方に痛みを感じる
  • 練習の翌日に肩に強いハリ・痛みを感じる

腱板損傷はなぜ起こるのでしょうか?岐阜市 バランス整骨院

腱板損傷は野球など投球動作を繰り返し行うことによって、腱板と呼ばれる肩関節を取り巻く細かい筋肉に傷がついて、炎症が大きくなることによって発生します。症状が酷いと腕を上げるだけでも痛みが発生するなどしてきます。

症状によって原因は様々ですが、原因の大部分は肩甲骨周囲の筋力が弱くなることによって発生することが多いです。

肩甲骨周囲の筋力が落ちると投球時にしっかりと肩を安定できなくなり、上腕骨頭が不安定になってしまいます。それによって腱板に負担がかかかり、腱板に傷がついてしまいます。

岐阜市 岐阜バランス整骨院の腱板損傷に対する治療法は?

岐阜市長良の岐阜バランス整骨院、岐阜市則武のたかはし鍼灸接骨院では腱板損傷に関する評価としてまず、肩内部のどこに炎症があるかを「超音波観察機(エコー)」を使って評価をし、肩の状態を把握させていただきます。

また筋力検査を行い、力の入り具合もチェックしていきます。

腱板損傷に対する治療としては、炎症の強い部分に対してハイボルテージ特殊電気治療を行い、炎症を抑えていきます。自宅で出来るストレッチングやセルフケアのやり方もお教えして、早期回復を促していきます。

腱板の炎症が治まってきたら肩甲骨周囲や腱板に特化したトレーニングを行い、肩関節を安定させていきます。徐々に投球も始めていき、肩の状態に合わせて投げる距離・強さ・球数を調整し、実践に復帰していく、というところまでしっかりとサポートさせていただきます。

必要であれば投球フォームや送球姿勢をチェックして、身体のどの部分が使えていないかもチェックしてアドバイスさせていただきます。

是非腱板損傷でお困りの方は岐阜市長良の岐阜バランス整骨院、岐阜市則武のたかはし鍼灸接骨院へお越しください。