腰椎すべり症

  • 腰に痛みとシビレがある。
  • 腰椎分離症と病院で言われたことがある。
  • 歩いているとすぐに痺れやだるさが出て長時間歩けない。
  • 長時間歩けないが座って休めば楽になる。

腰椎すべり症はなぜ起こるのでしょうか? 岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

こんな症状ありませんか?

腰痛とシビレがある。

分離症と言われたことがある。

歩いているとすぐに痺れやだるさが出て長時間歩けない。

長時間歩けないが、かがんだり座ったりして休めば楽になる。

 

このうち1つでも当てはまれば腰椎すべり症の可能性があります。

 

背骨でも腰椎と呼ばれる腰の骨は5つあり、横から見ると緩やかに弧を描きながらきれいに並んでいます。通常はずれないように骨と骨がガッチリと組み合っていますが、腰椎分離症(詳しくは分離症のページへ)によって椎間関節 と呼ばれる関節が機能しなくなってしまったり、椎間板や靭帯など関節周囲の異常があったりすることで骨が前方へずれてしまうことがあります。これをすべり症と言います。

 

すべり症で代表する2つの原因があります。

まず1つ目は根本に腰椎分離症があり、その後腰椎すべり症に移行してしまった状態の「脊椎分離すべり症」です。

スポーツを行う学童期に発症することが多い腰椎分離症は、背骨の前側にある「椎体」と後側の「椎弓」とが骨折を起こして前後が分離してしまいます。そこから折れたまま完治せず放置されてしまうと、分離した腰椎の安定性が失われ、すべってしまうことが原因です。分離症自体は第5腰椎に多く、日本人の5%くらいにあると言われています。そのため脊椎分離すべり症も第5腰椎に多く発症しますが、分離症の既往である方の一部で発症し、ならない方もいます。

 

2つ目は腰椎が変性を起こした「腰椎変性すべり症」です。

明らかな原因は不明とされていますが、多くは加齢とともに椎間板や靭帯、関節など腰椎をつなげている組織の変形や弱化が起こり、それに伴って腰椎の安定性がなくなってすべってしまうことが原因です。腰椎変性すべり症は50~60歳の女性に多く、そのため閉経による女性ホルモンの減少等の影響によって、変性すべりが起こるのではないかと言われています。第4腰椎がすべることが多いですが、第5腰椎、第3腰椎にも見られます。

 

すべり症の症状は、腰痛と神経症状があります。すべりの程度が強くなると脊髄神経を圧迫し、痛みやしびれ、冷感や違和感などさまざまな下肢の神経症状が出現します。

また、長い距離を歩くと痛みやしびれが出現し、かがんだり休んだりすることで楽になる「間欠性跛行」という症状も多く見られます。

進行していくと歩ける距離が短くなったり安静時にも下肢痛が出現するようになったりします。

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院の腰椎すべり症の痛みの治療法は?

たかはし鍼灸接骨院ではすべり症に対してしっかりと問診をさせていただき、検査にて症状の進行状況を追究します。

そして症状の進行具合よっては対応することが難しい、または診断を受けるにはレントゲンやMRI、CTなどの画像検査や、造影剤などを用いた検査を必要とするため提携先の整形外科の医師に検査、診察をしていただく環境が整っております。

医療機関と接骨院の連携「医接連携」で患者さんに1番最適な治療を提案し、提供していきたいと思っています。