突き指

  • 部活や練習でボールで指を突いてしまった
  • 壁に指をぶつけて突いてしまった
  • 指が腫れている
  • 指が痛くて曲げれない
  • 何とかして部活や試合に出たい

突き指とは? 岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

突き指は、先にボールや壁など物が強く当たり指の筋肉や靭帯などの軟部組織や関節を痛める怪我の総称です。

突き指の原因の多くは球技スポーツなどでボールをキャッチする際などにボールに指を突き発生します。

他にもドアや壁などの固いものに指先を強くぶつけることでも起こります。 その突き方や外力の強さなどによって、症状もさまざまのため捻挫から脱臼、骨折まで発生します。

昔は突き指をしたら指を引っ張れば治るということを言われましたが、それは大きな間違いです。

痛みの程度にかかわらず場合によっては指の関節が変形したり、指の動きが悪くなるなど将来的に支障が出たりすることもある怪我ですのできちんとした処置、対応が必要となります。

損傷の程度による症状や変化を説明していきます。

まず軽度の突き指は大きな症状はなく、軽い痛みや違和感があります。指全体は軽く腫れて左右比べると太くなっているのが分かり、指に張り感が出るため少し曲がりにくい感じがあります。わずかな症状でも指の中では関節周囲の筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷を起こしています。

次に中度の突き指は明らかな痛みと腫れがあり、指全体の腫れも左右の太さの違いが一目瞭然で分かるぐらいです。そのため指が曲がりづらく、半分曲がるか曲がらないかくらいしかいきません。このとき指の中では関節周囲の筋肉や靭帯などの軟部組織がひどく損傷を起こしています。

最後に重度の突き指は激しい痛みと腫れが怪我後すぐに現れます。それにより指は動かせても少しで、著明な腫れにより指はかなり太くなります。また熱を持ち、脈を打つようなズキズキとした痛みです。指の中では骨折や脱臼の可能性もあり、無くても関節周囲の筋肉や靭帯などの軟部組織に断裂といった非常に大きな損傷がある場合があります。

 

どんな突き指の程度でも組織は必ず痛んでいます。

突き指でお困りの方はまずはたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院にお任せ下さい!

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院の突き指の治療法は?

たかはし鍼灸接骨院、岐阜バランス整骨院では突き指に対してしっかりと問診をさせていただき突き方や外力を理解し、検査にて指の損傷状況を診ます。

突き指の治療では損傷の程度によって固定の強度を変えます。また骨、靭帯や筋肉など怪我をしている組織には回復を早める超音波治療器があり、組織の治癒力を高めます。また残る痛みには痛みを感じにくくするハイボルテージ特殊電気療法もあり、さまざまな症状の改善を計っていきます。

また、骨折が疑わしい場合には、レントゲンやMRI、CTなどの画像検査による医師の診断が必要となるため提携先の整形外科の医師に検査、診察をしていただく環境が整っております。

医療機関と接骨院の連携「医接連携」で患者さんに1番最適な治療を提案し、提供していきたいと思っています。

 

突き指をされて痛い、腫れている際は是非、たかはし鍼灸接骨院、岐阜バランス整骨院にお越しください。