疲労骨折

  • 足のすねの内側が腫れてきて歩くだけで痛い
  • ランニングしていたら足の甲が急に痛くなった
  • 特別大きなけがではないが徐々に腰が痛くなってきた
  • 同じ悩みを何度も繰り返している

もしかしたらそれ、疲労骨折ではないですか?|岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

疲労骨折とはスポーツ動作などで同じ動作を繰り返すことによって体の一部に小さな力が継続的にかかります。その力が骨を傷つけ、その損傷を放っておいたり気づかなかったりすると場合には完全な骨折になることもあります。

例えば、硬い金属の板でも何度も折り曲げていくと次第に折れやすくなり切ることができますよね(金属疲労)。そのような状態が体内の骨に起こります。

 

どの年齢にも起こりえることですが10代の男子に多く、脛骨(すね)や、中足骨(足の甲)に比較的多く発生します。初期症状は運動の最中や後に痛みがありますが、悪化してくると次第に運動に関係なく安静していても痛くなってきます。

 

疲労骨折の原因は様々考えることができますが、体の柔軟不足や偏平足などの体の機能低下を認めることが多く骨折の治療と共に原因となった体の問題に対しアプローチすることが重要です。

 

疲労骨折の種類と簡単な説明です。競技や症状はごく一部です。

肋骨疲労骨折・・ゴルフや野球のスイングが原因で、体の捻りや咳、深呼吸で痛みがある。

骨盤の疲労骨折・・スポーツ選手に起こり、足の付け根から腿や膝に広がる痛みがある。

腰椎分離症・・スポーツ選手に起こり、腰を反らす動作で痛む。詳しくは分離症ページへ

尺骨疲労骨折・・手先をよく使う選手に多く、手首から腕の間辺りに痛みがある。

大腿骨頸部疲労骨折・・歩行時の鼠径部痛や股関節の運動痛や可動域制限がみられる。

大腿骨骨幹部骨折・・ランニングやジャンプを繰り返す選手に多く、腿や膝に痛みがある。

脛骨疲労骨折・・ランニングやジャンプを繰り返す選手に多く、すねに痛みがある。

腓骨疲労骨折・・ランニングやジャンプを繰り返す選手に多く、すねの外側に痛みがある。

踵骨疲労骨折・・長距離の歩行やランニングが原因でかかとの後ろに痛みがある。

舟状骨疲労骨折・・バスケ、陸上選手に多く、足首付近の内側に痛みがある。

中足骨疲労骨折・・陸上、バレー、バスケ、剣道に多く足の甲に痛みがある。

岐阜市たかはし鍼灸接骨院での疲労骨折に対する治療法は?

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院では疲労骨折に対してしっかりと問診をさせていただき、検査にて症状の進行状況を追究します。

そして場合によっては対応することが難しい、または一度専門医の検査をしっかり受けた方が良いと判断したときには提携先の整形外科の医師に検査、診察をしていただく環境が整っております。

医療機関と接骨院の連携「医接連携」で患者さんに1番最適な治療を提案し、提供していきたいと思っています。