水泳肩

  • 泳いでいて肩に力が入らない
  • 呼吸する時に腕が以前より上げづらい
  • 長く泳いでいると痛くなる
  • 水泳直後に肩の痛みを感じる
  • 練習翌日に肩に強いハリ・痛みを感じる

水泳肩はなぜ起こるのでしょうか?|岐阜市の岐阜バランス整骨院

水泳肩は水泳の動作を何度も繰り返し行うことで発生するスポーツ障害の総称です。

水泳肩は上腕二頭筋長頭腱炎(肩の前の痛み)肩峰下インピンジメント症候群(腕を大きく上げた時の痛み)や胸郭出口症候群(首~腕にかけての痛み・シビレ)様々な症状・痛みの箇所がありますが、大部分は肩関節周囲の筋力が低下し、肩関節が不安定になることによって起こります。

肩関節周囲の筋力が低下すると関節を正しい位置に保つことができなくなり、肩のバランスが崩れてしまいます。これにより一定の筋肉ばかり負担がかかってしまい、炎症を起こしてしまいます。

岐阜市 岐阜バランス整骨院の水泳肩に対する治療法は?

岐阜市の岐阜バランス整骨院、たかはし鍼灸接骨院では水泳肩に対する治療としてはまず、炎症を起こしている筋肉・組織に対してハイボルテージ特殊電気治療を行っていきます。特殊な周波数で電気をかけていくことで炎症を抑えていきます。症状によってはある程度の運動制限をご提案させていただきます。
 水泳肩による炎症が引いてよくなってきたら関節の安定性や柔軟性、筋力のチェックを行い、どこに原因があるかを評価していきます。不足している要素に対してそれぞれストレッチ・エクササイズを行い、安定した肩関節を作っていきます。

エクササイズを行いながら徐々に練習に復帰していきます。少しずつ練習の強度・ストロークの回数を増やしていきながら、その都度肩の痛みの感覚・可動域・筋力チェックも行っていくことで症状の改善を目指していきます。

すこしでも水泳肩でお悩みの方は岐阜市長良の岐阜バランス整骨院、岐阜市則武のたかはし鍼灸接骨院までお越しくださいませ。