斜角筋症候群

  • 首の痛みがある
  • 肩こりもある
  • 握力の低下が気になる
  • 指先で細かい作業ができなくなった
  • 上肢の痛み、しびれ、だるさ

斜角筋症候群はなぜ起こるのでしょうか?|岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

前斜角筋中斜角筋と第一肋骨の間を斜角筋隙といいます。

斜角筋隙を鎖骨下動脈腕神経叢は通過します。

上肢の挙上を頻々に繰り返すと斜角筋が肥厚し、斜角筋隙で鎖骨下動脈と腕神経叢が圧迫され、痛みやしびれ等の症状を引き起こします。

岐阜市 たかはし鍼灸接骨院の斜角筋症候群に対する治療法は?

岐阜市則武のたかはし鍼灸接骨院、岐阜市長良の岐阜バランス整骨院では、まず痛みやしびれ等の原因となっている前斜角筋・中斜角筋に対して、ハイボルテージ特殊電気治療を行います。

ハイボールテージ特殊電気治療では原因となっている筋の緊張を軽減したり、神経の痛みやしびれの閾値を軽減することが可能です。

次に、トータルバランス骨盤矯正治療で鎖骨と第一肋骨の位置を元の位置に戻します。

鎖骨のねじれや第一肋骨の高さを整えることで神経のしびれや疼痛を軽減することができます。

 

岐阜市則武のたかはし鍼灸接骨院、岐阜市長良の岐阜バランス整骨院の特別治療で痛みを取り除いていきましょう!