接骨院と整形外科との違い

接骨院の領域とは?

接骨院の治療領域

①手技や特殊施術を行いマンツーマンで体のケアをする

②待ち時間が少なく夜遅くまで受付をしている

③レントゲンやMRIでは判断されにくい筋肉の症状に対してきちんとアプローチする

④交通事故後の保険手続きや保険会社様との対応をしっかり行う

⑤交通事故患者様を多く施術しているので患者さまの身体的、心理的苦痛を理解している

 

整形外科(医療機関)と接骨院では交通事故の怪我の治療に対応する領域は異なります

もし、交通事故でひどい骨折や手術を必要とする怪我をした場合はレントゲンやMRIを受けるために最初に必ず医療機関(病院・整形外科)に通院してください。

病院や整形外科にはレントゲン、MRIなど精密検査するための医療機器があります。検査する事で素早く怪我を把握することが可能です。

レントゲンやMRIでは、骨格に大きな怪我がないか、重大な損傷がないかを診断することが出来ます。

また痛みが強い場合や手術をしても痛みが引かない場合には痛み止めの薬や湿布などを処方してもらえます。

また、医療機関で診断してもらうことで正式な診断書を貰うことができます。

後でもし後遺症が残ってしまった時のために定期的に整形外科や医療機関に通院して医師の診察を受けられることを絶対にオススメしています。

接骨院では医療機関ではなかなかしてもらう事ができない手技や特殊施術を行ってマンツーマンで対応させていただきます。これは、柔道整復師、鍼灸師という国家資格を持った施術者だからこそできる治療技術です。

また接骨院では待ち時間が少なく夜遅くまで受付をしているので仕事などで忙しい方などは通院しやすいと思います。

たかはし鍼灸接骨院の交通事故治療のメリット

➀整形外科は午後7時で受付終了という所が多いですが、当院では午後8時まで受付をしております。

➁また交通事故患者様は午後7時45分までにお電話をいただけると午後8時半まで受付しております。

➂交通事故患者様は緊急性があるためお待たせせずに優先して施術に入る事ができます。

➃たかはし鍼灸接骨院ではその方の事故のケガの症状に応じた、時期に応じた施術を行っております。

岐阜市のたかはし接骨院では、交通事故に遭われた患者様を今まで何千人とみさせていただきました。交通事故に遭われて患者様が抱える身体的・心理的・社会的な苦痛を理解していることも強みです。

岐阜市 たかはし鍼灸接骨院の交通事故患者さんに対する治療法は?

たかはし鍼灸接骨院では交通事故によるむちうち症や様々な症状の改善に、様々な特殊手技を用いて痛みを改善していきます。

痛みが強い場合はハイボルテージ特殊電気治療や全身の身体のバランスを整えるトータルバランス骨盤矯正などを用いて根本の改善をしていきます。

首が痛いから、首だけを治療する。腰が痛いから腰だけ治療するというだけでは改善はしません。

 

交通事故時の衝撃によって生じた身体全体の骨格の歪み、それを我慢していたことによって生じた筋肉のバランスを調整することにより痛みを改善していきます。

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院では交通事故患者さんが多く来院され、交通事故治療も得意です。

もし交通事故に遭ってしまった、後ろから追突された、むち打ちになってしまった時には是非、当院までご相談ください。スタッフ一同、精一杯サポートさせて頂きます。