坐骨神経痛

  • お尻や太ももの後ろなどに痛みやシビレがある
  • ふくらはぎにハリ、冷感、熱感を感じる
  • 椅子にいつもお尻に痛み、しびれがある長時間座っていると痛くなる
  • 少し歩くと足が激しく痛み歩けなくなる
  • 特に中高年の方に症状が出現する

坐骨神経痛はなぜ起こるのでしょうか? 岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

坐骨神経痛とは、腰から足先に向かって走っている坐骨神経が様々な原因によって圧迫・牽引されることで出現する、痛みやシビレなどの症状のことをいいます。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症します。

子供、成人では、腰椎椎間板ヘルニアからの併発で多く、中高齢になると、ほとんどが腰部脊柱管狭窄を原因として発症します。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアともに腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫されて、下半身に痛みやシビレを引き起こします。

また、お尻の深部には、お尻を横切るようについている梨状筋という筋肉があり、その筋肉の中を通過してくる坐骨神経が、怪我やスポーツ活動などで圧迫、牽引されて起こる、梨状筋症候群というケガもあります。

岐阜市 たかはし鍼灸接骨院の坐骨神経痛に対する治療法は?

まず、普段感じたことのない痛みとシビレの症状がでるので、心配になると思いますが、あわてず岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院までご連絡・ご来院ください。

 来院時には、どのくらい動かせるのか、お身体の状態を確認し、左右の差や動きの悪さの原因を調べながら最も良いと判断した治療を提案します。

 

 

 

 

 

 

 

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院では腰・下肢への痛みやシビレに対してハイボルテージ特殊電気治療を行います。この電気治療は深部の硬さや痛みのある筋肉やシビレが出ている場所対して、特殊電気を流すことにより、痛み・硬さ・シビレを軽減することができます。

 

 また坐骨神経痛の方で骨盤・背骨の歪みも起きていことがあります。歪みがあることで坐骨神経を筋肉や関節で圧迫・牽引して痛みやシビレが出ることがあります。

痛み身体の歪みチェックや背骨・骨盤矯正もおこなっています。

痛みやシビレが軽減したのち提案させていただいています。

 

 患者様にご覧いただきながらチェックさせていただき、坐骨神経痛が出ている現状をしっかりと説明したうえで治療方法をお選びいただいています。