リトルリーグショルダー

  • 練習中にボールを投げようとすると痛い
  • お子様が練習後に肩の痛みを訴えている
  • 肩が痛くて速いボールが投げられない
  • お子様の肩を押さえると痛がる
  • 投げ終わった後に肩に力が入らない

リトルリーグショルダーはなぜ起こるのでしょうか? 岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

リトルリーグショルダーは成長期の少年に多く発症します。

投球動作を過度に繰り返すことにより上腕骨の成長軟骨の部分に炎症が生じ、痛みが出現することで発症します。


炎症が強くなり軟骨の損傷が大きすぎると成長障害を起こし、腕の長さが成長しても伸びない肩の関節可動域に制限が出るなどしてきます。

リトルリーグショルダーの原因としては、肩関節周囲の筋力が投げ過ぎにより疲労して使えなくなっていることで、成長軟骨に負担が強くなってしまっていることが考えられます。

肩や肘の関節可動域が少ないことや関節周囲の筋力が低下していることから、肩に負担のかかりやすい投球フォームになっていることも考えられます。

投球フォームが原因である場合、体幹部分の筋力や下半身の柔軟性・筋力もチェックしていかないといけません。

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院のリトルリーグショルダーの痛みの治療法は?

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院ではリトルリーグショルダーに関する評価として、成長軟骨部分に炎症が起きているかどうかを超音波観察機(運動器エコー)を使って肩内部の状態を評価していきます。

 

また、肩・肘の関節可動域・筋力や肩のどの部分に痛みが出るかをテストして、検査をしていきます。状態によって投球制限・練習制限をご提案させていただく場合もございますので、しっかり検査させてください。

リトルリーグショルダーに対する治療としては、炎症の強い部分に対してハイボルテージ特殊電気治療を行い、炎症と痛みを引かせていきます。自宅で出来るようなストレッチングやセルフケアの仕方もご指導させていただきます。

炎症が落ち着いて関節の可動域も十分元に戻った状態で、

少しずつ練習を再開させていきます。肩の状態・練習状況に

合わせて関節周囲を強化するエクササイズも行っていき、痛み

なく全力で投げられるようになるところまでサポートさせていただきます。

また投球フォームも必要であれば分析させていただき、身体のどの部分が上手く使えていないかもアドバイスさせていただきます。