ジャンパー膝

  • 走ったり、ジャンプすると膝が痛い
  • 膝のお皿の下を押すと痛い
  • ジャンパー膝と言われたがどんなセルフケア、トレーニングをしたらよいかわからない
  • 同じ膝の痛みを繰り返している
  • ジャンパー膝になり時間が経ったがなかなか痛みが引かない

ジャンパー膝はなぜ起こるのでしょうか?|岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

ジャンパー膝は特に、ジャンプやランニングなどによって膝を伸ばす動作を繰り返し行うことで、膝蓋骨(膝のお皿)の上や下の筋肉の腱の部分が炎症をおこし、痛みを呈する疾患です。

力学的に脆弱である骨・腱移行部に微細損傷が発生し、疼痛・機能傷害の原因となっています。

 

その要因として、

大腿四頭筋(太もも前の筋肉)の柔軟性低下や、筋力低下、

下肢のアライメント異常や、間違った動作などがあげられます。

 

ジャンパー膝の自覚症状として、膝蓋骨周辺に運動時に痛みが起こります。

日常生活まで支障をきたすことは多くありませんが、膝周辺に特徴的な圧痛が見られます。

岐阜市たかはし鍼灸接骨院でのジャンパー膝に対する治療法は?|岐阜バランス整骨院

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院では病態を的確に判断して一人一人に合った施術方法をご提案させて頂きます。

患者さまの状態をチェックして、ストレッチング、運動施術、テーピング

ハイボルテージ特殊電気施術、トータルバランス骨盤矯正、靴の指導、インソール作成などのご提案をさせて頂きます。

 

大好きなスポーツを楽しく続けるために、当院では、このような施術を行いながら、患者さんをサポートしていきたいと思います。

 

 

 

このようなジャンパー膝の症状でお悩みの方は、

ぜひ岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院まで御相談してください。