ギックリ腰

  • 朝立ち上がった瞬間に痛くなった
  • 腰がそらせない・まっすぐ立てない
  • 腰痛を何度も繰り返してる
  • 腰の痛みが癖になっている
  • 軽い物を持っても痛くなった

ぎっくり腰になると、急激に腰または、臀部の痛みと、腰を動かしたくても痛くて動かせなくなります。

ふくらはぎ、足首などのしびれや痛みは、ぎっくり腰とは別の怪我です。

ぎっくり腰になった際は、腰を少し丸めて横になって安静にしてください。

どの方向に腰を動かしても痛みが増強して、まっすぐ立つことはできません。

痛みの出る場所はぎっくり腰した瞬間は全体的ですが、時間の経過とともに多くは左か右かの筋肉を痛むようになります。

ギックリ腰はなぜ起こるのでしょうか? 岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

ぎっくり腰になる原因として、体温が下がっている状態で急に腰を動かした時、膝をしっかり曲げずに腰だけを使って体を曲げた時にぎっくり腰になります。

重いものを中腰で持ち上げた時が、ぎっくり腰になるイメージが強いですが、靴下を履こうと軽く体を曲げた際にもぎっくり腰になることがあります。

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院のギックリ腰の治療法は?

初めてぎっくり腰になる方は、腰が痛くて立ち上がれません。

びっくりすると思いますが、まずは落ち着いて一番楽な姿勢を作っていただき安静にしてください。

たかはし鍼灸接骨院でのぎっくり腰の治療法ですが、痛みの出る患部に対してハイボルテージ特殊電気治療を行います。

ハイボルテージ特殊電気治療は、高電圧の電気を患部にかけることによって痛み感覚を軽減することができます。

また痛みの出ている筋肉の緊張を軽減することができます。

ぎっくり腰で腰の動きを制限する必要がある方にはコルセットでの固定も提案しています。

痛みや腰が動かしやすくなってきた患者様には今後ぎっくり腰にならないように、ストレッチや体操などのアドバイスもしていきます。