オスグッド病

  • 膝の下のでっぱりを押したり、膝を動かすと痛い
  • ジャンプするときや着地の時、ランニングの時に膝が痛い
  • 次の日にスポーツの試合や仕事があって少しでも良い状態にしたい
  • 同じ痛みを繰り返している
  • 成長痛だから休みなさいと言われ部活も休んでいる

オスグッド病はなぜ起こるのでしょうか?|岐阜市のたかはし鍼灸接骨院

正式にはオスグッド・シュラッター病といい10〜15歳頃の、スポーツを盛んに行なう男女に多く見られます。

スポーツ障害の一つで膝下の骨に痛みが出る障害です。

症状としては、膝下の骨が出っ張る、熱感がある、触ったり押したりすると痛い、膝の曲げ伸ばしで痛いなどの症状が出てきます。

ジャンプしたり、走ったり等の膝の曲げ伸ばし運動が繰り返され、太ももの前にある筋肉の「大腿四頭筋」が引っ張ることで膝下の骨の「脛骨粗面」という場所に負荷が繰り返しかかり、痛みが出てきます。

成長期には、骨が先に成長してしまい、筋肉は遅れて伸びてきますので、この「大腿四頭筋」や周りの筋肉は特に硬くなりやすい時期になります。

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院のオスグッド病の痛みの治療法は?

岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院では病態を的確に判断して一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。

患者さまの状態をチェックして、ストレッチング療法、運動療法、テーピング療法、ハイボルテージ特殊電気治療、トータルバランス骨盤矯正、靴の指導、インソール作成などのご提案をさせて頂きます。

また、この症状は筋肉の硬さや関節の可動域が大きく影響してくるので、自宅でできるセルフケアやトレーニングも伝えていきます。

大好きなスポーツを楽しく続けるために、当院では、このような治療を行いながら、患者さんをサポートしていきたいと思います。

このような症状でお悩みの方は、ぜひ岐阜市のたかはし鍼灸接骨院・岐阜バランス整骨院まで御相談してください。